「ペンタブロックパズル」の寸法

  • 2019.01.05 Saturday
  • 06:00

JUGEMテーマ:生活雑貨

 

ペンタブロックパズル紹介ブログ https://blog.hafu-design.jp/penta/

クラウドファンディング/キャンペーン https://kibidango.com/947

 

ペンタブロックの基尺が25mm(1単位)というのは1218日のブログで紹介したが、組み合わせた時の全体の大きさも重要。基本となる8×8単位の並べ方で、箱のサイズを+1単位としたため9×9で、225mm×225mmとなる。

 

ペンタブロックパズルの寸法

ボックス8×8に収めた、四角柱のブロック(楽しみ方のバリエーションをひろげるブロック)と99.5mmを示すノギス

 

□□□□□ ペンタブロックの高さが1単位の25mmに、箱の底の厚み5mmを加えて30mm、テーブルの上で遊ぶサイズ感としては、ちょうどいい寸法となっている。持ち運びや、収納にもちょうどいいボリュウーム感である。

子どもの積み木の基尺は、おおよそ30mmから50mmで、40mmのものが多い。これは、不器用な子供でも扱いやすいサイズであると共に、基尺の1/2のサイズの積み木(積み木セットにはよくあるサイズ)での安全性を考慮したもの。ただし堅木(ブナ、ナラなど)製のものは重いため、大きな積み木を高い所から足の上に落としたら怪我をしかねない。

「ペンタブロック」の最小単位のブロックは、1辺25mmの立方体、実寸は箱に詰めるときの遊び(余裕)が必要なことから1辺24.5mmの立方体とした。最大のブロックは200mm×25mm×25mmで、それでも軽い。長寿高齢者にも安全で、子供のおもちゃとは違うと思ってもらえる寸法が、基尺25mmだった。

ペンタブロックの寸法公差は±0.25mmと、ノギスでチェックする値としている。普通の木製積み木では見かけない寸法公差であるが、箱詰めパズルなので精度は重要視している。 □□□□□

 

ハフデザイン

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM